Zonotoneの由来

オーディオファイルと、さらなる感動の共有へ。

(株)前園サウンドラボ
代表取締役会長 前園 俊彦

1990年秋、Zonotoneの前身から日本で初めて7Nオーディオケーブルが商品化され、日本のオーディオ界は初めて線材の重要性に気づきました。以来、数々の革新的なケーブルを世に送り出してきましたが、より理想のケーブルを開発するために立ち上げたのがZonotoneブランドでした。2007年のことです

オーディオファイルに革新的なケーブルをお届けする。それは、オーディオファイルの心を揺さぶる音楽の深い感動を追求することにほかなりません。その根底にあるのは、音楽が好きでオーディオが好きという、個(前園俊彦)の熱い想いです。素材も構造も意匠も、すべては感動のためにあります。金満家の趣味ではなく、一般生活者の趣味としてオーディオを楽しんでもらうために適価であることも、Zonotoneはケーブルづくりのフロントランナーとして忘れていません。

おかげさまで創立7年。製品ラインナップも多彩で充実しています。誰のために何を成すべきか。Zonotoneは、つねにオーディオファイルの声に耳を傾けます。叱咤、激励、共感、示唆。その声を製品に反映させる。それは、オーディオファイルと感動を共有することです。Zonotoneのケーブルは、オーディオファイルの皆さまとつくるケーブルでもあるのです。

求められるものを求められるカタチで。多彩なZonotoneファミリー。

人に近い。音楽に近い。感動に近い。

Supreme(シュプリーム・シリーズ)

スーパー・グレード

Shupreme(シュプリーム)=「至高」に「h」が付いているのは、 「至高」のさらなるhigh(高み)を意味するからです。「ケーブルはゾノトーン」という定評に安住せず、“NEXT ONE”へチャレンジするゾノトーン・スピリッツ。シュプリーム・シリーズは“異次元の感動”をテーマに、培ってきた独自な発想力、柔軟な開発力、斬新な技術力を昇華させ、「至高」のさらなる高みに到達したスーパー・グレードな製品群です。

Grandio(グランディオ・シリーズ)

ベストグレード

コストという制約を取り除き、贅を尽して、つくりたいケーブルをつくってみる。このチャレンジ精神で至上のケーブルづくりにトライしたのが「Grandio Series」です。新導体の構築。新構造の開発。新発想の技術。そこから生まれた、感動をより深く、より豊かに体感するための究極伝送という成果。いま求められるベストなケーブルとは何か。「Grandio Series」の製品群は、その回答です。

Meister Series(マイスター・シリーズ)

ハイグレード

まず、コストという制約を自らに課す。次に、そのもとで妥協を許さぬケーブルづくりは可能か、という難題にトライする。幾多の壁に直面しながらも、あきらめることなくトライをつづけ、限界の壁を破りました。誰もが認めるハイクォリティであるのに、誰もに歓迎されるプライスを実現。「Meister Series」は、多くの方に高品位なオーディオの愉しみを、という願いを具現化した製品群です。

Meister Series(マイスター・シリーズ)

モダーン・グレード

ゾノトーンに寄せられてきた従来の評価とはひと味違う、異端児とでも呼びたい製品群です。ヴィンテージ・ケーブルの存在感に着目しつつ、その魅力をさらに深める「新モダーン錫メッキ線」を開発し、純度の高いピュア銅線とコラボーレションさせることで、ゾノトーンらしくない異色のゾノトーン・サウンドを完成しました。ジャズを愛好する方から熱い視線を向けられている、もうひとつのゾノトーン・スピリッツです。