Zonotoneの由来

時代を見据えて。次代を見据えて。
ケーブルづくりで音楽の感動をオーディオファイルと共有する
パートナーであり、サポーターでありたい。

(株)前園サウンドラボ
(左)名誉会長 前園 俊彦
(右)代表取締役社長 前園 力

Zonotoneが産声をあげたのは2007年のことです。その出発は一人のオーディオ・ファイルとして、一人の音楽ファンとして心を揺さぶられる音楽の感動を体感したい、という純粋な思いからでした。そこで再認識したのは、ケーブルの存在の重要性。ケーブルが音楽の感動を左右するという確信でした。その背景にはZonotoneの前身時代があります。

1990年秋に日本初の7Nオーディオ・ケーブルを商品化したことで、日本のオーディオ界は初めて線材の重要性に気づいたのです。しかし、日進月歩はオーディオ・ケーブルにも言えること。オーディオ・ファイルのシビアなニーズに応えるためには、停滞は後退にほかなりません。時代のために、次代のために、困難でも変革にチャレンジする。このスピリッツのもと、進化と深化を目ざして立ち上げたブランドがZonotoneなのです。

以来、世に送り出した革新的なケーブルの数々は、オーディオ・ファイルの目線に寄り添った製品という評価を得て、「Zonotone=ケーブル」と呼ばれるまでになりました。ケーブルの代名詞となったZonotoneですが、製品開発の根底にあるのは、一部の金満家の趣味ではなく、一般生活者の趣味としてオーディオと音楽を楽しんでもらうこと。素材や構造や意匠はもちろんですが、適価であることもポリシーの一つです。

そして何よりも重視しているのは、科学的数値だけを誇ることなく、あくまでも音楽という芸術の感動を再現すること。こうしたZonotoneのスタンスは、ケーブルづくりのトップランナーとしての使命であり、矜恃でもあります。音楽の感動のために、オーディオ・ファイルのために前進するZonotoneに、これまでにもましてご期待ください。

探していた音がある。ワンランク上の感動がある。
多彩でワイドなラインナップ。

Supreme(シュプリーム・シリーズ)

【Shupreme Series】

Shupreme(シュプリーム)=「至高」に「h」が付いているのは、 「至高」のさらなるhigh(高み)を意味するからです。シュプリーム・シリーズは“異次元の感動”をテーマに、培ってきた独自な発想力、柔軟な開発力、斬新な技術力を昇華させ、「至高」のさらなる高みに到達したスーパー・グレードな製品群です。

Grandio(グランディオ・シリーズ)

【GrandioSeries】【Neo GrandioSeries】

コストという制約を取り除き、贅を尽して、つくりたいケーブルをつくってみる。このチャレンジ精神で至上のケーブルづくりにトライ。いま求められるベストなケーブルとは何か。その回答が「Grandio Series」です。さらに最高級の「Grandio」の魅力にアナログのティストを追求したマニア待望の製品群が「Neo Grandio Series」です。

Meister Series(マイスター・シリーズ)

【Granster Series】

ハイ・グレードな「Meister」を最高級の「Grandio」に近づける。この難題に革新線材の高純度無酸素銅線PCUHDと高機能純銅線HiFCのハイブリッドで挑戦。エントリークラスを超えた、壮大にして立体感のあるサウンド。新しい音、新しい感動の「ケーブル新次元」です。

【Meister Series】

誰もが認めるハイクオリティであるのに、誰にも歓迎されるプライスを実現。多くの方に高品位なオーディオの愉しみを。そんな思いを具現化した製品群です。

Meister Series(マイスター・シリーズ)

【Royal Spirit Series】【Blue Spirit Series】

音楽の魅力にあふれる音を追求して従来のゾノトーンのサウンドとは、ちょっと個性の異なるサウンドを創成。「Royal Spirit Series」はスケールの大きさにこだわった「拡がり感」と「奥行き感」がコンセプト。ひとまわり豊かな感動に包まれるシリーズです。また「Blue Spirit Series」はミュージシャンの魂に肉薄する入魂のスピーカー・ケーブル。異色ともいえるゾノトーン・サウンドが完成しました。