もうひとつの“ゾノトーン・スピリッツ”です。

ひたすら迫真の鳴りっぷりを追究したケーブル、Blue Spirit 777シリーズが登場します。

このスピーカーケーブルを体感すると、“とりこ”にならずにはいられない。

新モダーン錫メッキ線・ハイブリッド・4芯×2・
DMHC-DuOスピーカーケーブル

Blue Spirit-777SP 
好評発売中

  • 24K純金メッキ(Y/B端子付2.5m×2)
    ¥64,500(税別)
  • ロジウムメッキ(Y/B端子付2.5m×2)
    ¥69,900(税別)
  • 切売り(1.0m)¥7,400

音楽に秘められた生命力が、このインターコネクトケーブルには満ちている。

新モダーン錫メッキ線・ハイブリッド・3芯・×2・ DMHCインターコネクトケーブル

Blue Spirit-777AC
好評発売中

  • RCA(1.0m×2) ¥29,800(税別)
  • XLR(1.0m×2) ¥31,800(税別)

温故知新。開発の出発点は個人的な熱い想いでした。

大好きなジャズ・ボーカルやコンボの演奏が全身に迫って来る。ベースやドラムのシンバルが身体に突き刺さって来る。プレイヤーのスピリッツに心が鷲掴みされる。

そんなケーブルがあってもいいのではないか。戦前のいわゆるヴィンテージケーブルには、ピュアな音ではないのに妙に気になる味を持つ存在感がありました。

それらに共通していたのは、以外にも不純物を含む素材から成り立っていることです。その魅力に負けぬケーブルが作れないか。といっても、たんなるリバイバルでは懐古趣味にすぎません。

ヴィンテージの魅力をさらに深めたケーブルでなければ、世に問う価値はありません。そんな想いにとらわれて1年。たどりついたのがBlue Spirit-777SPとBlue Spirit-777ACです。

錫メッキ線ではありません。新モダーン錫メッキ線です。

ヴィンテージケーブルの再生音から、その素材について分析・研究を重ねた結果、注目したのは錫メッキ線でした。音調の暖かみ、たおやかな厚み、渋い輝きなどです。

そこで、ゾノトーンは日本では次第に姿を消していった錫メッキ線を再認識し、そこにケーブルづくり一筋に歩んできたゾノトーン独自のノウハウによる改善を加えました。

それが新開発の新モダーン錫メッキ線と純度の高いピュア銅線のコラボレーションです。だから、音の粗い古いタイプの錫メッキ集合線とは異なります。かつての錫メッキ線の暴れを抑えながら、鮮度感やダイレクト感を最大限引き出したのです。

“新モダーン錫メッキ線”と名付けた理由は、そこにあります。

ゾノトーンらしくないゾノトーン。異色のゾノトーン・サウンドです。

Blue Spirit-777SPとBlue Spirit-777ACは、ひと言でいうなら“陶酔”に浸れるケーブルです。

これまでゾノトーンのケーブルといえば、伝送特性のどこをとってもピュアで非の打ちどころのないことが定評でした。

しかし、「Blue Spirit」は従来の「ワイドレンジ、豊かなアンビエンス」とはひと味違う「濃厚、濃密、重量感」を誇る異色ともいえるケーブルです。

濃い陰影感につつまれたダイレクトな鳴りっぷりは、真にジャズ好きのオーディオ・ファイルを魅了してやまないでしょう。

これが新モダーン錫メッキ線のサウンドです。

超高純度銅素材と異なって響きがやや少なく、間接音が早めに落ちる傾向があるため、デッドな音調に感じられるかもしれません。曲調でいえば短調のニュアンスといったらよいでしょうか。

それゆえ、日本人の琴線をふるわせる哀愁、哀調の表現にたけています。また、豊満さと艶っぽさ、拡がりや空気感より、近接マイクで録った楽器のダイレクトな音や声帯域の肉厚なシットリ感が魅力です。

ピアノの深み、シンバルの冴えた切れ、ベースの躍動感、哀切感に満ちたギター、ボーカルの陰影。こうした表現力が新しいBlue Spiritシリーズの魅力です。